セラピーオフィス


by cpfalda3

<   2009年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

自業自得

カラーセラピーは直感で選んだ色を頼りに心の状態や問題を見つけ、色の力で改善へと導いていきます。
また、「アロマテラピー」は香りの及ぼす力を借りて、体や心の疲れや問題を癒していきます。

この二つ、それぞれでも効果はあるのですが、同時にすることも可能で効果もその方が大きいのではないかなと思いました。
だって私たち人間には五感(視・聴・嗅(きゅう)・味・触の五つの感覚)があり、生活の中ではこのうちの複数の感覚が連動して活動していることがとても多いのです。
でも、カラーセラピー、アロマテラピーそれぞれ受けるのでも結構な金額がかかる。ましてやこの二つを同時に・・・となるとちょっと難しいのかな、と思ってしまいます。
何か手軽にこの二つの効果を実感できる手段はないのかな。

ん?・・・でも、これって日常に簡単にできることじゃない。


好きな香りの好きな色の花を飾る。公園に出かけて木々の近くに座って見る。
それだけのこと。

要は「自然」に触れるということです。

例えば「ラベンダー」の効果を一例に挙げてみると・・・
ラベンダーの花の「紫」は、「磨り減った神経を癒し、穏やかな気分にしてくれる。イライラを沈めストレスを解消する。睡眠作用もあり。」
ラベンダーの香りの効能は、「鎮静効果。緊張を和らげてくれる。リラックスできて安眠効果もある。」

色、香りとも同じタイプの効能があります。
寝室にラベンダーの花を飾ってみれば疲れもとれてリラックスできるというわけですね。

考えてみれば、アロマオイルはラベンダーやローズ、ティーツリーなど、自然界の香りそのもの。
昔は土の上に住み、自宅で栽培した野菜を食べ、農業を営み・・・自然と密にかかわっていたんです。でも私たち現代人はアスファルトで舗装された場所に建つ、庭のない家や構想のマンションに住み、ビルの立ち並ぶオフィスで働き、スーパーで買った野菜を食べる。
本来あるべき自然からあまりにも遠のいてしまったような気がします。
そうして心身共に疲れ、または問題を抱え、結局自然の力を借りて治癒する。

言ってみれば「自業自得」のような気がします。

カラーセラピーでは、色の意味や効果など、色々と説明しますが、そんなことは考えず、まずは好きな花を愛でてみる、好きな場所に足を運んでみることが一番だと思います。
頭で解釈するのではなく、自分の素直な感情に任せて自然に近付いてみてください。
そうして選んだ草花や果物、景色が、あなたが必要としているもののはずです。
[PR]
by cpfalda3 | 2009-06-10 02:35

今日は何色?

今日一番目についた色は何ですか?
今日のファッションのメインカラーは何色ですか?

人それぞれ好みの色、似合う色があると思いますが、そんな色とは別に、「今日はなんだかこの色」と感じることもあると思います。

私たちはその時の体調や心理状態などによって求める色があるそうです。
以下、「惹かれる色とその時の心理状態・体調」について簡単に紹介します。
いつもと色の好みがちょっと違うとき、自然と選んでしまう色など、ちょっと気になったら何かがいつもと違うのかも。

■赤
イライラ、不満、ストレスを発散したくなっている。ちょっと精神が過激になりやすいかも。歌ったり、踊ったり、体を動かしたくなっている。発散が必要。
■黄色
身の回りの幸せや希望に対してまっすぐに向かっている(「幸せの黄色いハンカチ」って結構真意ついてたのかもね)。リラックスして子供のように甘えられる環境におり、心も体ものびのびしている。
■オレンジ
明るく、開放的な気分になっている。活動的な赤とリラックスしきっている黄色の中間色。バランスが取れている状態かも。にぎやかな場所に出て行きたく、人と交流を持ちたいと思っている。食欲があり、健康な状態。
■緑
パソコンなど長時間目が疲れるような作業をした後や睡眠不足、または肩こり。休みが取れず無理をして働き続けており、精神的にも肉体的にも疲れている。休息と癒しを求めているサイン。
■青
赤とは対極の色。対人関係や会計処理など細かな仕事で疲れがたまっている。眠い時。仕事が気になったり、勉強したいと思っている時。静かな時間を過ごした方がいいのでは。
■紫
青よりさらに疲れた状態のよう。静かなところに一人でいたい、自分を慰めたいと思っている。病気、あるいは病後など心身に疲れがたまっている。ストレスがたまるほど紫が好きになる。
■黒
周囲の人や外的刺激から自分をガードしたいと思っている。かなり防御的になっているよう。環境の変化に不安を覚えるがそれを隠したいなどの心理状態。精神的に傷つきたくない、ひとりになりたいと思えば思うほど黒が好きになる。周りにも防御的な印象を与える色。
■白
欲している色=アンバランス要因がない。精神統一したいと思っている。心が広くなっており、周囲の状況を受け入れて素直に対処したいと思ったとき。安定した状態。

上記はその色を選んだ(引かれた)ときの自分の状態です。改善のためにはそれとは反対の色(補色)を身の回りに置くといいそうです。
色には色々な(シャレじゃないですよ)意味やパワー、効果があります。いつもと違う色のファッションで、違った自分に出会えるかもしれません。

アスタリフト トライアルセット
トライアルセット|Web Adventure
[PR]
by cpfalda3 | 2009-06-08 12:26
「オーラ写真」って知ってます?
私たち誰もが持っている(らしい)オーラを写真で撮って(画像化して)潜在的な性格や現在の状況、問題、未来の展望などを判断してくれるらしい。
でも、オーラの写真って、な~んかちょっと違和感ありません?
オーラってその人の持っている「気」とか「見えないパワー」みたいなもんでしょう?「見えない(見れない)」こと前提のような気がするんだけど。それをまた、「私はオーラが見えます」っていう三輪さん的な人が見て教えてくれるとかじゃなくって、よりによって「写真」で見れるなんて・・・。

何でも説明によると・・・
「人間や動植物はとても微弱な電磁エネルギーを出しており、それは太陽エネルギーや宇宙エネルギーの一部として機能しています。それらのエネルギーは光です。
命ある全てのものが必ず発しているエネルギー、それがオーラです。
我々人間もエネルギー体を持っており、そのエネルギーを表わすもののひとつが振動です。
色(光)も振動していますが、これが波動エネルギーです。
このエネルギーとしての振動と、色の振動が共鳴しあう原理を使い、
色の波長を写真に転写するシステムがオーラビジョンカメラです。
つまりオーラビジョンカメラは、オーラというエネルギーの波長を色に変えて写し出すものです。」とのこと。

分かるような分かんないような感じ。
でも、ものは試しです。
・・・ということでやってみました。地元のファッションビルに入っていたんで。

入口は想像よりもオープンな感じで、怪しい感じはそれほどしませんでした。
中には、インストラクターというか、説明などをしてくれる方が数名いました。
最初、コースとその内容の説明をしてくれました。
写真を撮影するだけのコースからオーラやチャクラ(サンスクリット語で「車輪・円」を意味する語
 。人体の頭部、胸部、腹部で輪または回転する車輪が光っ ている様に感じられる箇所で、生命エネルギー(気)のスポット)の写真を撮影してカウンセリングまでしてくれるコースや、カウンセリングの上診断結果をレポートとして出して呉れるコースまで色々ありました。
ただ写真とるだけなのも何なんで、いちおうカウンセリングまでのコースにしました。

やりかたは、
指輪などの貴金属を外して左手をセンサーに乗せる→写真を撮影→センサーから生体電流を測定→コンピューターにて分析・解析→写真完成。
これだけで能力や性格、適正までわかっちゃうそうです。(・・・まだ信じれてない)


ここからカウンセリング開始です。

まず一言、「やっぱりオレンジですね!」と言われた。何?
「オレンジの方は、写真に(顔の)輪郭がはっきり写る方が多いんですよ」とのこと。
実際写真を見せてもらうと、サンプルなどに比べるとたしかに顔がものすごくはっきり写っている。オーラの色は、右肩の外側がラインを引いたように緑色、全体的にやや黄色っぽいものの、写真の下には「ORANGE」と書いてあった。
テーブルに置かれた色の解説によると、オレンジは「チャレンジ精神が旺盛」「華やかでカリスマ性がある」「ポジティブ」「挑戦的」「計算高く、協調性に欠ける」「失敗に対し恐怖心が強い」という傾向が強いらしい。性格診断テストでもよく目にする文言です・・・自覚あります。

それに続きチャクラの解説。これはちょっと驚きました。
「表現力の[喉(青)]と創造力・直感力の[眉間(藍色)]がしっかりしてます。でも、[ハート(緑)]が小さくなっています。気を遣いすぎて疲れきってますね。その影響が[胃(黄)]に出ているようですが大丈夫ですか?また[頭頂部(紫&白)]も暗くなっていますし、きっと寝不足です。[ルートチャクラ(赤)]の生命力と気力だけでもっているようなものですね」 と言われました。
・・・確かにはずれてはいない。

いってみれば「占い」とかなり近いものはありますが、撮影したオーラの画像をもとに解説されるので分かりやすいし説得力があるような気がする。
色の分析だけではなく、精神のバランスの評価や今後心がけるべきことや周囲との付き合い方などもアドバイスしてもらいました。
思ったより素直に聞けたし楽しかった。
しばらくして、自分が変化したのかどうか、もう一回撮影して見てみたいなと思った。
[PR]
by cpfalda3 | 2009-06-08 12:24

オーラソーマ

上下2層に分かれた色のボトルを使ってのカラーセラピー、見たことありますよね。
あれ、オーラソーマといって1980年代のイギリスで生まれたカラーセラピーのやりかたなんです。
2色を様々に組み合わせたボトルをイクイリブリアムというんですが、上層はキャリアオイルとエッセンシャルオイルとクリスタルエネルギーと植物の自然な色素が主に使用され、下層は水とハーブの抽出液、クリスタルエネルギーと植物の自然な色素が主に使われています。
それらの美しい数々のボトル中から直感でいくつかのボトルを選び、その色からその人の身体的、精神状態などを読み取り、必要な色を提案するというものです。
イギリスからヨーロッパ全土に広がりました。ここ1~2年で日本にもずいぶん浸透してきましたね。

オーラソーマ一番メジャーなやり方が、「自分が無人島に行くとして、どの瓶を持って行きますか?」といった問いに対し、107本ある瓶の中から4つを選んでいくものです。その順番と選んだ色によってその人の能力や現状などが垣間見れるそうです。


1本目:魂のボトル
 選んだ人の人生の目的と使命、潜在的可能性を示します。
2本目のボトル:チャレンジとギフト(才能)のボトル
 人生にチャレンジすることで開花する才能を示します。
このボトルは「セラピウティックボトル」と呼ばれ、このボトルから順にシェイクしたオイルを身体に塗って使います。そうすることで、今直面しているチャレンジを克服し、本来持っているギフト(才能)を花咲かせることをエネルギー的にサポートしてくれます。
3本目のボトル:いまここのボトル
 今現在の状況を示します。
4本目のボトル:未来のボトル
 それからの可能性を示します。

一般的に、4本選んだボトルから、最初に2番目のセラピウティックボトルを使い、2番目に選んだボトルを使い終わったら次に3番目に選んだボトル。それが使い終わったら4番目、1番目、というふうに使い続けていきます。そうしていくことで、自分の人生の変化や日常の変化、さらには自分の内面の変化にも気づくようになるそうです。
それらの4本のボトルを身近に置きながら、順番に使っていくことで、そのプロセスを自覚的に進めていくことが出来るというのです。

イクイリブリアム(オイルボトル)はそれぞれに意味があり、誕生日や星座それぞれのボトルというのもあるみたいです。
ちなみに今月(6月)の星座のボトルは・・・

ふたご座
B20:チャイルドレスキュー(ブルー)/スターチャイルド(ピンク)
キーワード:I think(アイ・シンク)
惑星:水星
双子座は二元性間に橋をかけます。
二元性とは右脳と左脳のことも意味します。
頭脳と神経系統は双子座の領域です。それはこのB20のボトルの色の組み合わせにも表れています。上層のブルーは合理的な男性性の左脳、下層のピンクは直感的な女性性の右脳です。このような二元性に橋をかけていくことで、より明晰な思考をもたらすことができるでしょう。

・・・ということです。分かるような、分からないような・・・?
[PR]
by cpfalda3 | 2009-06-03 01:18