セラピーオフィス


by cpfalda3

今日は何色?

今日一番目についた色は何ですか?
今日のファッションのメインカラーは何色ですか?

人それぞれ好みの色、似合う色があると思いますが、そんな色とは別に、「今日はなんだかこの色」と感じることもあると思います。

私たちはその時の体調や心理状態などによって求める色があるそうです。
以下、「惹かれる色とその時の心理状態・体調」について簡単に紹介します。
いつもと色の好みがちょっと違うとき、自然と選んでしまう色など、ちょっと気になったら何かがいつもと違うのかも。

■赤
イライラ、不満、ストレスを発散したくなっている。ちょっと精神が過激になりやすいかも。歌ったり、踊ったり、体を動かしたくなっている。発散が必要。
■黄色
身の回りの幸せや希望に対してまっすぐに向かっている(「幸せの黄色いハンカチ」って結構真意ついてたのかもね)。リラックスして子供のように甘えられる環境におり、心も体ものびのびしている。
■オレンジ
明るく、開放的な気分になっている。活動的な赤とリラックスしきっている黄色の中間色。バランスが取れている状態かも。にぎやかな場所に出て行きたく、人と交流を持ちたいと思っている。食欲があり、健康な状態。
■緑
パソコンなど長時間目が疲れるような作業をした後や睡眠不足、または肩こり。休みが取れず無理をして働き続けており、精神的にも肉体的にも疲れている。休息と癒しを求めているサイン。
■青
赤とは対極の色。対人関係や会計処理など細かな仕事で疲れがたまっている。眠い時。仕事が気になったり、勉強したいと思っている時。静かな時間を過ごした方がいいのでは。
■紫
青よりさらに疲れた状態のよう。静かなところに一人でいたい、自分を慰めたいと思っている。病気、あるいは病後など心身に疲れがたまっている。ストレスがたまるほど紫が好きになる。
■黒
周囲の人や外的刺激から自分をガードしたいと思っている。かなり防御的になっているよう。環境の変化に不安を覚えるがそれを隠したいなどの心理状態。精神的に傷つきたくない、ひとりになりたいと思えば思うほど黒が好きになる。周りにも防御的な印象を与える色。
■白
欲している色=アンバランス要因がない。精神統一したいと思っている。心が広くなっており、周囲の状況を受け入れて素直に対処したいと思ったとき。安定した状態。

上記はその色を選んだ(引かれた)ときの自分の状態です。改善のためにはそれとは反対の色(補色)を身の回りに置くといいそうです。
色には色々な(シャレじゃないですよ)意味やパワー、効果があります。いつもと違う色のファッションで、違った自分に出会えるかもしれません。

アスタリフト トライアルセット
トライアルセット|Web Adventure
[PR]
by cpfalda3 | 2009-06-08 12:26